免疫力とは

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://kanagawa.areablog.jp/aprblob0008y

紙おむつに求められること

紙おむつに求められるのは、何よりもまず、おしっこやうんちがもれない工夫がしっかりなされていることでしょう。


赤ちゃんの肌は柔らかいので、素材や吸収力などの面でもやさしさが第一ですが、おむつの本来の目的として、もれない工夫もやっぱり大事なのです。



紙おむつの場合は、吸収した面からもれることはまずありませんが、時には、ウエストまわりや太ももまわりなどのすき間からもれることがあります。



そうは言っても、過度にきつくしてすき間をつくらないようすると、赤ちゃんにとっては苦痛になりますので、赤ちゃんが心地よくはけて、なおかつ、もれを防ぐ工夫がされている紙おむつが大切なのです。



赤ちゃん肌に直接触れる紙おむつは、デリケートな皮膚を守るため、やわらかでなめらかな素材が必要です。ふわふわとやわらかで、心地よさを与える感触に加え、赤ちゃんが動いても、摩擦による刺激が極力少ないなめらかさが求められるのです。


おしっこやうんちを外にもらさないだけでは不十分です。赤ちゃんの肌におしっこやうんちがくっついていた状態では赤ちゃんがかわいそう。



紙おむつの吸収力は、たくさんのおしっこを溜め込む量と思いがちですが、それにプラスして、ため込んだおしっこを、赤ちゃんの肌に戻さない吸収構造も大切なのです。
ただ、いくら優秀でも、うんちを全部を吸収することはできませんので、こまめなおむつ替えが必要です。



おしっこをすると、紙おむつ内部の湿度が上がります。そうすると、赤ちゃんの肌がよりかぶれやすくなってしまいます。



このため、湿度が上がりっぱなしにならないよう、通気性の良さも紙おむつには求められるのです。


精神的不安による睡眠不足対策


紙おむつ
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kanagawa.areablog.jp/blog/1000075742/p11637925c.html
ベビー | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
ブログイメージ
免疫力について解説
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 8月 次の月へ
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
今日 合計
ビュー 1 2583
コメント 0 1
お気に入り 0 0

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

足あと

[旭川] カームのささやき

最新のコメント

おすすめリンク