God speed 痛車!

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://kanagawa.areablog.jp/itashagod

カキ氷

自分が子供の頃のカキ氷って、もう、ただ単に雑に削った氷の山の上にドバっとシロップをかけただけ、って感じでした。シロップがひどく甘ったるくて、食べ終わる直前くらいに、カップの底にぬるくなったシロップが溜まっているのを見て、少しばかりゲンナリした記憶なんかも思い出されます。だから、最近のカキ氷を見るとビックリしてしまいますね。

そもそも、氷が「ふわふわ」しているっていうこと自体にカルチャーショックがあって、はじめて「ふわふわ」の氷を口に運んだときの驚きは忘れられません。

「こんなの、私が知っているカキ氷じゃない!」って、思わず立ち上がって叫びそうになったくらいですから、かなりの衝撃でした。

氷にかけるシロップも、あの舌の色を変色させるばかりの科学的なシロップじゃなくて、ちょっとオーガニックな雰囲気もあるシロップだったり、トッピングも「ふわふわ」につづいて二重の衝撃を受けたものです。

私が子供の頃に「カキ氷」だったものって、今だと何になるんだろう?その進化系を見てみたい気がします。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kanagawa.areablog.jp/blog/1000253617/p11645614c.html
トラックバック( 0)

このブログトップページへ
ブログイメージ
痛車に乗っていて、痛車仲間たちと、自分たちの車を見せ合うのが趣味です。ここでは、痛車をデコレーションするコツや、出会った痛車仲間の痛車の紹介などをしていきます。